熟キャバとは?現役熟女キャバクラ嬢が働ける年齢についても解説!

熟女キャバクラとは

熟女キャバクラとは
20代後半から40代、50代の、いわゆる熟女と呼ばれる女性がキャストをつとめるキャバクラのこと

一般的なキャバクラは10代後半から20代前半の若い女性がメインなので「年齢が少々上がってしまったけれど、まだまだキャバクラで働きたい」女性の受け皿になっています。

熟女キャバクラのなかには20代前半の若い女性もいますが、そういう場合は「若い人のハイテンションについていけない」「うるさいお店は性に合わない」という理由が多いです。

お店も雰囲気も落ち着いているので働きやすいと感じる若い子もいるんですね。

熟女キャバクラは他のお店と比べて、システムも接客内容も大きく変わることはありません。

若い頃にキャバクラで働いていた方が熟女キャバクラで活動再開・・・なんてお話もよく聞きます。

給料が低い?熟キャバで働く魅力は給料だけじゃない!

2020年1月6日

熟女キャバクラの客層

熟女キャバに来るお客さんの特徴
  • 年上の女性が好きな男性
  • 同世代のキャストと遊びたい中高年

こういったお客様が多い傾向にあります。
20代や30代の若いお客様は少なく、やはり40代以上の方が多いですね。

お客様の年齢層が高いのでお店の雰囲気は穏やか。

お客様同士が酔って口喧嘩や暴力事件を起こすことも少なく、ボーイに絡んで大騒ぎ、なんてトラブルもほとんどありません。

若いお客様はキャストに無理やりお酒を飲ませたりしつこく口説くなど問題を起こすことがあるのですが、熟年層になると「若さにまかせたトラブル」は少なくなります。

キャストに暴力を振るったり暴言を吐く方もほとんどいません。
比較的大人しいお客様が多い、というのが印象です。

熟女の魅力とは?売れる熟女キャバクラ嬢が人気のワケ

2019年10月28日

熟女キャバクラ嬢の年齢は30代からが多い

熟女キャバクラで働くキャストは20代後半から40代がメインですが、一番多いのは30代の女性です。

世間一般では「30代はまだまだ若い」と思われるかもしれませんが、キャバクラの世界では30代以上となると中堅クラスになります。

それでも私の年齢(32歳)では、まだ「半熟」という感じですね。

40代のキャストは話題も豊富で中高年のお客様ともおおいに盛り上がっていますし、昭和のカラオケ曲もよく歌っています。

熟女キャバクラを選んでやってくるお客様は「キャストと話題が合う」「落ち着いた雰囲気がいい」ことに魅力を感じていますので、40代でもしっかり仕事をされているキャストも多いです。

新人キャストの方から「40代で初めて水商売始めてみました」というお話も聞くので、中年女性でも始めやすい仕事のようです。

まとめ

  1. 熟女キャバクラは20代後半から40代の女性が働くキャバクラ、その名の通り「熟女」が多い
  2. 熟女キャバクラには40代以上のお客様が多く、お店の雰囲気はかなり落ち着いている
  3. 若いお客様が少ないので、若さに任せたトラブルはかなり少ない
  4. 40代の女性でも活躍できる環境、32歳の私はまだまだ半熟

この記事をシェアする